債務整理は頼れるパートナー情報 弁護士選び 全国全力サポート 借金の悩みを解決

債務整理は頼れるパートナー情報 弁護士選び 全国全力サポート体制

 

 

電話無料相談 0120020158

 

アヴァンス法律事務所は、銀行カード、

 

金利18%以下の金利の方も任意整理できる法律事務所です。

 

借金問題の解決方法には、

 

任意整理、個人再生、自己破産 などいくつもの手段があります。

 

アヴァンスなら一番最適な解決方法を提案してくれますので、無料電話相談してみてください。

 

 

 

 

街角法律相談所は無料で借金減額のシュミレーションができます。

 

自己破産の不安や多重債務の疑問から解放されます。

 

債務整理で借金がかなり少なくなった事例、

 

相談前に670万あった借金が150万にまで減額した事例など情報が豊富なので、

 

あなたにあった事例が見つかるはずです。

 

まずは、街角法律相談所で無料相談してみてください。

 

 

 

弁護士法律事務所 響

 

電話無料相談 

 

・家計状況で、弁護士費用支払いも柔軟に対応してくれます。

 

・即日対応可能

 

初めて弁護士法人に電話するときは、不安な持ちが強く、

 

相談をためらってしまうこともあるかと思います。

 

弁護士法人響なら、安心の実績があります。

 

借金問題は、早期解決がカギですので、まずは無料相談で電話してみてください。

 

消費者金融おすすめ

多額の借金の返済を求められた場合

債務整理は頼れるパートナー情報 弁護士選び 全国全力サポート 借金の悩みを解決

連帯保証人になっていたのですが、その人が返済できなくなり、多額の借金の返済を求められてしまったことがあります。

 

とても返済できないような金額でしたので、悩んでいたところ弁護士事務所でご相談したら自己破産されたほうが良いとの事でした。

 

自己破産では裁判所を通して手続きし、裁判官に支払い能力が無いと判断されれば、

 

すべての借金の返済から解放されるのだそうです。

 

手続きの方法は難しいので専門家である弁護士さんにご依頼することにしました。

 

ご依頼するとすぐに債権者に受任通知を発送して取り立てや催促をストップしてくれました。

 

その後に換価できる財産は差し押さえされてしまいましたが、

 

99万円以下の現金や20万円以下の預貯金などの財産は手元に残りました。

 

お給料を差し押さえされることもなく、すぐに生活に困ることはありませんでした。

 

弁護士費用が支払いできるか心配でしたが、債務に関する法律相談は無料なうえに、

 

報酬は分割払いでいいとの事で無理なくお支払することが出来ました。

 

最初は自己破産では失うものが大きいのではと思っていましたが、手続き終了後にすべての借金が0円になり、

 

精神的にもかなり楽になったので思い切って自己破産してみて良かったです。

 

電話なしキャッシングはこちらです。

債務整理時の法律事務所の選び方

債務整理は頼れるパートナー情報 弁護士選び 全国全力サポート 借金の悩みを解決

借金問題に困ったときは過払い金請求、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と5つの債務整理の方法があります。

 

そんな借金問題に困ったときには法律事務所にご相談されるといいです。

 

法律事務所には弁護士が在籍しており、法的に借金問題解決のお手伝いをしています。

 

法律事務所には大手と中小がありますが、大手のほうが安心感があるものの費用が高めであることが多いです。

 

多くの弁護士が在籍しているので、債務整理が得意な弁護士に依頼することが出来ます。

 

事務員も多く債務整理が早く進むのも利点です。

 

中小は一人の弁護士が最初から最後までお手伝いしています。

 

大手より費用が安めであることが多いのが利点です。

 

大手だから良い中小だから駄目という事はありませんので、質の良いサービスが受けられるかどうかがポイントです。

 

法律事務所に債務整理を依頼すると、相談料と着手金と報酬の費用が掛かります。

 

多くの法律事務所で初回なら相談無料ですので、相談料はあまり気にしないで済みます。

 

着手金は法律事務所によって頂くところと0円のところがあります。

 

報酬も法律事務所によりますが20万円から40万円くらいがかかります。

 

ホームページで着手金や報酬を分かりやすくご紹介しているので、いろいろな法律事務所の料金体制を比較してみるといいです。

債務整理と法律家にかかる費用

借りた岡根が返せないという辛い状況で、頼りになるのが弁護士や司法書士などの法律の専門家です。

 

専門家に頼むことで、任意整理や民事再生、自己破産などの手続きを行い、借金の額を減らしたり、ゼロにすることも可能になります。

 

この際に気になることは、弁護士や司法書士にかかる費用に注意する点です。

 

法律家や事案によって、かかる料金は異なってきます。そこで気をつけるのポイントを見ていきましょう。

 

まず、事前に明確な見積もりを出してくれるかどうかです。事前にいくらかかるかわかれば、頼む方も安心できます。

 

もちろん、追加料金がないことも確認しましょう。

 

明確な見積もりを作っても、追加請求があまりにも多くなると意味がありません。

 

興味深い料金形態として、成功報酬制の存在は見逃せません。

 

お金がない人に最適です。債務整理などの事案が上手くいった時にだけ、上手くいった分の約1割2割をを、料金にする方法です。

 

これなら、今現在料金が支払えない人でも、借金を減らしつつ、法律家の代金を支払えるというお得な料金形態です。

 

採用しているかどうかをお願いする法律家に聞いて確かめておきましょう。

 

できるだけ自分にメリットのある支払い方法と、信頼のできる弁護士や司法書士を選び、効率的に借金を減らしていきましょう。

債務整理の方法の種類

債務整理の方法については、基本的に以下のような種類があります。

 

1任意整理
 基本的に、裁判所を介さずに債務を処理する方法で、債務免除などを交渉によりしてもらって
債務を返済しやすくする方法です。一番債務整理で行われる方法でありますが、額によっては交渉に応じてもらえなかったりしますし
相手方有利になりやすい面もあります。ですが、過払い金があったりすれば今よりも債務が減ったりする可能性もあります。

 

2特定調停
 借金をした債務者が支払い不能になりそうなときに、簡易裁判所の調停委員が債権者と債務者の間に入って、
借金額の減額や支払方法の変更についてなどを話し合う債務整理方法となっております。
 裁判所が介入して行う任意整理手続き手段という感じであるといえるでしょう。

 

3民事再生
 民事再生法という法律にのっとった再生手続でございます。この手続きの要件といたしましては、将来的に継続または反復して一定の収入を得る見込みのあるとされる
かたにつきまして、債務の一部について3年ほどで支払い残額を免除してもらう制度となっております。
 要件を見ていただきますればわかりますように、一定の収入が継続的になければならないのが難点な制度でございます。

 

4自己破産
 この制度は、債務者が債務を返済できなくなった時に、債務者の全財産を債権者に充てるように処分して返せなかった分は債務をすべて消滅させてしまうという制度であります。
 この制度では、債務がなくなるという大きなメリットはありますが、それと同時に多くのデメリットが発生しますので
最後の手段という位置づけになっております。

債務整理は自力でも可能か?

債務整理について専門の人に頼まないと難しい面があると思われますが、債務整理は個人でも可能であるのでしょうか?

 

実は、個人で債務整理を行うことも可能でございます。この方法でしたら司法書士や弁護士の方に頼むのよりも費用は掛からないものであります。

 

ですが、個人で行おうとしますとプロの方にご依頼になられるよりも大きなデメリットが発生いたしますのも事実でございます。

 

具体的には、債務減額の交渉を個人でやるというのは大変難しいことであり、そもそも交渉自体にも応じてくれない業者の方も多くおられます。

 

仮に交渉に応じていただけたとしても、プロの方がいないと交渉次第では減額に応じてくれなかったり支払期間の猶予を行えないリスクが高くなります。

 

また、過払い金請求も、個人で一から裁判手続きなど行うというのは大変苦労と時間がかかるで称し、ここも裁判外での交渉では
相手方は応じてくれない可能性が高いかと思われます。

 

ですので、任意整理を個人で行うのは大変危険でございます野で、プロの方に手続きをお任せして債務整理を行われたほうが

 

費用は掛かるかと思われますが、無難であります。

 

自力でお色々と行われるよりも、プロの方にご相談をして債務についてはご解決をしてください。

電話料金を滞納した状態での自己破産

 

自己破産と電話料金

 

自己破産をすると、手続きをした名義人が持っている債務の全てが整理の対象になります。

 

債権者全員を平等に扱うことが自己破産の大前提であり、一部の債務についてはそのまま返済を続けるといったことはできません。

 

もし、電話料金を延滞している状態で自己破産をすると、当然電話料金も整理の対象となり免除されます。

 

携帯やスマートフォンは利用停止になる

 

自己破産をすると電話料金を支払わず免除されることになるため、その時点で携帯やスマートフォンは利用停止になってしまいます。

 

契約が解除されてしまうので、その携帯やスマートフォンを使い続けることはできません。

 

さらに自己破産の記録が残るので新規契約を申し込むことも難しくなります。

 

ただし、自己破産では債務の支払いが免除されるだけで債務自体は存在し続けます。債務者の意志によって支払いをすることも自由なのです。

 

そこで滞納した電話料金を自己破産後に支払うことで延滞の情報は消してもらうことができます。

 

この状態ならば新規利用の申し込みは通るようになります。

 

ただし、以前の滞納に端末代金が含まれていると、電話料金とは別にローンを支払えなかったことが記録されてしまいます。

 

この記録は5年間消えないため、建前上は5年経つまで携帯やスマートフォンの分割払いで新規購入することは不可能になります。

 

実際は、2年程度経てば分割払いもできるようです。

 

債務整理を弁護士に依頼する前に

 

債務整理を弁護士に依頼する際、ファックスや電話やメールでは受け付けてもらえない事があります。

 

なぜならば、弁護士事務所は相談の時間にもお金を取るのが一般的だからです。

 

ファックスや電話で相談を請け負っていては、本来得るべき相談料金が得られないために、殆どの弁護士事務所では直接対面での相談を推奨しています。

 

債務整理にお勧めである弁護士事務所は、債務整理事件の経験を持った弁護士が在籍している、複数人の弁護士が在籍している事務所ですね。

 

チラシ、広告などで債務整理についての宣伝を行なっている弁護士事務所も多いです。

 

普段働いていると、午後からでないと弁護士事務所に出向けない、土日しか弁護士事務所に出向けない、

 

と曜日や時間が制限されてしまいますので、自分の都合に合う時間帯に営業している弁護士事務所を選びましょう。

 

普通、債務整理を行なうまでにお金に困っておれば夜遅くまで働いているのは当然ですので、

 

夜間でも相談を受け付けている事務所や、土日にセミナーを実施している弁護士事務所も多いです。

 

弁護士事務所に債務整理についての相談を行なう時は、

 

金融業者からの請求書、通帳、源泉徴収票、給与明細、キャッシングカードやクレジットカード、身分証明書、借入先の情報や取り引き開始年月が記された書類を自作して持って行きましょう。"