債務整理の種類とは

債務整理の種類とは

債務整理の種類に関して、説明します。

 

まず、債務整理の主な種類としては、任意整理、自己破産、特定調停、民事再生の4つがあります。

 

これらに関して、以下、順に説明します。1つ目の任意整理は、裁判所を利用せずに債権者と和解する債務整理方法です。

 

多くの場合、弁護士が債務者の代理人となって、債権者と交渉を行い、借金を減額してもらいます。

 

すなわち、月々の返済額および借金総額を減らすことにより、その後の返済が楽になります。

 

2つ目の自己破産は、借金を皆無にすることが出来る債務整理方法です。

 

裁判所が債務者の収入および財産の状況から借金返済が極めて困難なことを認定したなら、借金は法的に皆無になります。

 

3つ目の特定調停は、裁判所による任意整理に相当します。

 

簡易裁判所は、債務返済が滞っている債務者からの申し立てに基づいて、債務者・債権者間の仲裁を行い、返済条件の軽減などに関して双方が合意する様、働きかけます。

 

4つ目の民事再生は、住居を手放す様なことを行わずに、借金のみを削減する債務整理方法です。

 

通常、住宅等の資産を保持したまま、債務(住宅ローン等)を減額し、約3年程度の間に分割返済することになります。

 

そして、減額後の債務を完済した後は、以降の債務返済義務は免除されます。