民事再生法 相談借金ホットライン

民事再生法 相談借金ホットライン

民事再生法 相談借金ホットライン

誰しもお金を借りる時には、借りた者は返すことができると思っていて借りています。

 

しかし、自分の事業が必ずしも上手くいくとは限りません。その時の経済状況など、予想できない要因により、上手くいくはずだったのに・・・と後悔する人も少なくはありません。

 

その際に返せなくなってしまった借金をどうするのか、という問いに対して、任意整理や民事再生、自己破産の3種類の方法が用意されています。

 

この中で、見逃せないのが民事再生という債務整理方法です。

 

民事再生の特徴は、任意整理よりも借金の額を大きく減らすことが出来て、

 

自己破産よりも権利の制限や際残の没収などの不利益は少ないという、3種類の中で、中間的な債務整理方法という位置づけです。

 

自己破産では、資格の剥奪により、仕事ができなくなってしまうケースがあります。

 

民事再生には、資格制限もなく、大きく借金を減らせます。負担が少なく、メリットも大きい方法を知っておいて損はありません。

 

債務整理に詳しい弁護士や司法書士を選び、できるだけ自分にあった債務整理方法を選びましょう。

 

お金に困ったら、自分一人で悩んでいても何も解決しません。やはり法律の専門家に頼ることが借金対策のコツです。

自分に合った債務整理をするためには

借金が大きくなってきてしまって、返済についてどうすればいいのだろうかというようなことを考えているときに

 

債務整理をすればいいと思うわけでありますが。、多くの方法がある中で自分に合った債務整理方法についてどのようにすれば

 

しっかりと認識できるのであろうかというようなことを考えになられるかと思われます。

 

そのようなときに、お困りの時にはまずは消費者センターや借金の相談に強い弁護士事務所などにお伺いをいたしますればよろしいかと思われます。

 

これらのような施設では、債務者の方の借金の状況などから適切な債務整理の方法をよく御存じの方が多くおられますので、

 

具体的な状況から、かなり正確に依頼者様が取るべき債務整理の方法を導き出していただけるかと思います。

 

また、それらのところでご相談いただけますと、より依頼者様に合った債務整理の専門家の方を紹介していただいたり、

 

さらに進んだ段階において債務整理について、債権者の方と交渉試合ではより良い債務返済手段を導き出してくれる可能性が出てきます。

 

さらに、インターネットでは債務整理についてのシュミレーションなどができるものもございますので、それらを使ってご自身が

 

債務整理についてどのような手段で有っているのかを知っていただけることもあるかと思われます。

自己破産後も携帯電話を使い続ける方法

自己破産をしながら携帯電話を使い続けるには

 

電話料金を滞納したまま自己破産をすると、携帯電話やスマートフォンは契約が解除され利用停止になります。現在の生活には欠かせないものですから、利用ができないとなると仕事でも私生活でも大きな不便を強いられることになるでしょう。

 

ただ、この携帯電話の料金は、債務整理の金額にもよりますが通常の借金などと比べると非常に微々たるものです。

 

自己破産手続きではあらゆる債務の存在を裁判所に届け出ることになりますが、わずかな支払いなど細かな債務は届け出から外す、ということも一応は可能です。電話料金について届け出をしなければ免除されることはないので携帯電話やスマートフォンは利用停止にはなりません。料金さえ払えば、自己破産の手続きをしながらその後も使い続けることが可能です。

 

可能かどうかは弁護士の判断次第

 

ただし、わずかな額とはいえ厳密に言えば債務隠しになります。裁判官が整理の対象にしなければならないという判断ならば、自己破産の免責が認められない原因にもなりえます。

 

裁判官がその電話料金についてどう扱うか、特に申告しなくても問題ないかは自己破産のノウハウを持つ専門家の判断が必要になります。素人判断は危険なので弁護士などに詳しく相談すべきです。